先輩に聞く
小池 順
営業課 97年入社

夢はシェア世界bPと語る小池
 就職は学生時代に専攻していた化学の経験を活かせる会社を希望していました。また、人と接する事が好きなので、営業職を希望していました。そして応募・入社する決め手は理系出身の営業マンが活躍していた事です。
 正直言って入社前はエスカレ−タ−や手すりを意識した事はありませんでした。しかし、今はいつも街を歩く時その手すりが気になり、目をつぶって手すりを触ってみると、どのメ−カ−の物かわかるようになりました。
 入社して驚いた事は、新人でも国内外の重要なお客様を任せて貰えた事です。毎日の全てが勉強でした。厳しさもありましたが、仕事だけでなく、人間的にも大きく成長できたと感じています。「同年代の営業マンよりも絶対充実した会社生活をおくっている」と自負しています。

桑田 毅
技術課 01年入社

真剣な目で色を確認する桑田。
この目が新色を生み出す。
 エスカレ−タ−用手すりをはじめとする製品全ての開発・改良を担当しています。
特に手すり表面の色彩作製は、自分が全部任されています。多彩な色(400種以上)は当社手すりのセ−ルスポイントであり、さらにお客様のニ−ズがあればどんな色でも作製します。
 手すりの用途や特性を踏まえながら着色剤を配合しますが、微妙なところは経験も必要ですが、ひらめきや感性が重要になります。 技術者泣かせの色ほど、街で見かけた時の喜びは大きいものです。
 色の数は当社での自分の歴史だと思っています。

他にもこんな声が!!
  • 業界トップレベルのシェアを誇る安定性がある。
  • 新人でもやる気次第で重要な仕事を任される。
  • チャレンジ精神を応援してくれる。
  • 開発、製造、販売が同じ拠点にあるからこそ、モノを造るメ−カ−のおもしろさが
    より身近に感じられる。
  • 部門や年齢をこえて様々な同僚・先輩と触れ合えた。
  • 環境問題にも積極的。ISO14001を1998年に取得した。

戻る